Kammy yummy

スイーツを愛する武器用ナースの日常

【2017年夏】私のパッキングについて。【1泊2日旅行行ってきた】

お題「旅行に必ず持っていくもの」

雨予報だったから美容院諦めたのに、雨降らなかった…

こんばんは。

大概天気には裏切られる女、かんみです。

今回はお題スロット初挑戦です。

 

普段から荷物は軽いほうがいい派

小さいころんとした鞄が好きなので

普段から荷物が少なくて定評のあるかんみですが、

「なんでそんなに小さい鞄ですむの?」

とよく言われるので、最低限必要だと思われるものについて書いていきます。

今回は1泊2日の旅行を想定してます。

持っていくもの

大きいかばんの中身(大きめのトートバッグ)

  1. 着替え(下着、次の日に着る上下、靴下、ハンドタオル)
  2. 化粧ポーチ(大きめのものに、化粧水等も全てまとめる)
  3. ヘアケア用品、ヘアブラシ
  4. 充電器類(コードが二つさせるタイプのもの。あとはカメラの充電器、DSもまれに持っていく。)
  5. 大きめのショップ袋1枚

小さいかばん(持ち歩く用)の中身

  1. 財布(三つ折りタイプ)
  2. ミラーレス一眼(これが一番重くてかさばる…)
  3. 定期入れ
  4. タオル
  5. 小さいポーチ(ティッシュケースの裏に色々入れられるやつ。これに鎮痛剤、胃薬、ムヒ、リップクリーム、コンビニのお手拭き、絆創膏、ティッシュが入ってる。)
  6. 腕時計(大概腕につけてるが)
  7. 御朱印帳(趣味の一貫)

どうですか?

「あのアイテムは持っていかないの?」 

みたいなのも特に無いんじゃないですかね?

荷物はあらかじめ少なめに。

カバンにスペースが空いていると、

「あれ、何か忘れてる…?」と隙間を埋めないと不安!

みたいな感情がわいてきたりしますよね。

でも、旅先では必ず荷物って増えますよね?

お土産

です。こいつをいかにコンパクトに持ち帰ってくるかが、

地味に私の中で課題です。

私は旅行に頻繁に行けるわけでもないので、お土産返しや職場、実家、自分用など…

帰るころには結構な量になってしまいます。

そのため、

お土産を入れられるスペースを確保しておく

これがかんみ流パッキング術の基本です。(鞄の半分~1/3はあける)

持ち歩き用カバンの大きさについて

もとのカバンが小さいのでせっかくあけてきた隙間にお土産が入りきらないため、

結局はショップ袋に入れて帰ってくることがほとんどでした。

なので、持ち歩き用のカバンを少し大きめのリュックに変更したところとても快適でした。

まず、ショルダーだと片方に体重がかかるので結構重量感を感じていたのが、重心が中心にくることで解消されました。

お土産もその場でリュックに収納が可能なので買いたいときにすぐお土産を気兼ねなく買えるのも魅力でした。

カバンが1つ増えるだけで意外と疲労感につながるんですよね…

小さくなるものは小さくする

私が洋服を持っていく際に愛用しているものは

圧縮袋

です。

この中に1の荷物をすべてまとめてぎゅーっとするだけでだいぶ違います。

しわについてですが、ひとつにまとめてロール状に丸めてから袋にいれることで解消できます。

お試しあれ。

風呂敷に包む方法が画期的だったので実践してみたことがあるのですが、

私としては

もっとコンパクトにしたい!

と感じました。

 多いほうが安心。と薬など箱ごと持ってくる人とかいますけど、

普通に生きててもそんなに飲まないだろ

と全力でツッコミたい。

もしそんなに必要だと思うなら、まずは体調を整えるため病院に受診することをおすすめします。

持っていくものの種類は変わらないけど、

一つ一つの量を少なく、コンパクトにする

ことを意識するだけでだいぶ荷物は減ります。

意外と小物類をポーチに収納してから持っていく方法にしたところ、

荷物の制限(ポーチにはいるか)ができたため、荷物を減らすことができました。

以上、かんみ流パッキング術でした。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

 

 

 yum.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>